メールをありがとうございました。

☆No.7329(ヒデ)[17/12/09 17:00] Res to No.7328 気分は「喜」

ターボウさん、こんにちは。
読み応えある帝劇ご感想メールをいただき、ありがとうございます。
今回の帝劇はおおむね好評のようですね。
お歌のキーは意識した事が無いので、気付きませんでした(汗)。
ターボウさんの感動ポイントも思い出しつつ
以下、あくまでも初日を観たワタクシメの感想です。

まずお歌の使い方(ユーミン登場タイミング)や
ステージ進行は抜群に良くなったと思います。
次々に替わるユーミンのお衣装も良かったです。
私も第2部は曲もその演出も素晴らしいと思いました。
(特に好きなところは第2部の2曲目)

ただ、お話しはついて行けず居心地悪くなったところ多々。
まあ漫然と観ているので、誤解や無理解も多そうですが(汗)。
500年後でもスマホ?というのは置いておき、
寺脇さんが出てくるまでが長くないですか?
始めのうちに会話で諸々の状況が語られてはいるようですが、
自分は放置されている感覚がありました。
Cの方の社会的な位置づけとかどうなんでしょう。
クリアに描かれていたのでしょうか?
何か回収されない伏線がいくつかあって、
脚本削った影響かな、とか感じました。
最後のあの場面に持ってゆくため、無理筋を押し通しました?
とにかく寺脇さんの全財産をかけてまでの行為に
全く共感しなかったので、涙など出る訳がありません(笑)。

比べるモノではありませんが、観劇の前に
こちらもCの人の話しというのは偶然なのですが、
今年のノーベル文学賞受賞者カズオ・イシグロ氏の
「 わたしを離さないで 」を読みました。
映画の方はWOWOWで観たところです。
原作の方が数倍良かっですが、壮絶に悲しいお話し。
Cの感情の描かれ方や深みが全く違ってましたよ。
「 ユーミン x 帝劇 」は死とか別れのお話しばかりで、
また次があるのでしょうか?
苗場2018は素直に盛り上がれるカーニヴァルを期待します。

本公演の正式なレポを書くかどうかは分かりません。
自分なりにもっと理解したいとは思うので、
これからの2公演は意識を研ぎ澄まして観ようと思います(恥)。
今回はひとまずこのへんで。それではまた。

追伸
きょうファミマで例のキャンペンーソングを初めて聴きました。
TV-CMは観たことがありません。
曲もケーキも要りません。モチベーション低くてスミマセン。


☆No.7328(ターボウさん)[17/12/09 14:58] 気分は「喜」

ヒデさん、こんにちは。
暮れの雑務に忙殺され、すっかり遅れてしまいましたが、
先週末に帝劇の昼回を観劇しました。

過去2作は脚本のツッコミどころも満載で、
必ずしもユーミンの曲の世界観を
拡張してくれるようなものではありませんでした。
ただ今回は冒頭のプロジェクションマッピングや
ライティングが素晴らしく、いきなり心を掴まれてしまいました。
レジスタンスの先頭に立つジャンヌダルクのようなユーミン。
めちゃめちゃカッコ良かったです。

物語は俳優陣の台詞の量、質も上がり、
状況を捉えやすくて非常に解りやすかったです。
仰る通り、帝劇の舞台装置を活かした演出、
特に奈落へ交互に消えていくものなど、
心の葛藤をよりドラマティックに表現していて驚かされましたよ。
そこは蜷川幸雄さんとのお仕事で
得られたものが大きかったのではと思いました。
ただ相変わらず笑いは少な目で、
せっかく寺脇さんという適材が居ながら、
それが活かされなかったのが残念でなりません。

今回のセットリストが非常に素晴らしく、感涙ものでした。
特に二部の選曲はイントロが鳴った途端に感嘆の声を上げてしまい、
観劇に際してあるまじき行為だなと反省しております笑
声の伸びもあり、宇宙図書館ツアーの時よりも
コンディションは良かったと思います。

今回は曲毎に衣装を変えられた点も良かったと思います。
味気ない黒や白の衣装より、
シチュエーションに同化していて素敵でした。

アンコールで歌われた曲がオリジナルのキーに戻っていたこと、
お気付きになられましたか?
直近のツアーのWコールよりも、やはりこちらの方が好きですね。

長文、大変失礼致しました。つらつらと語ってしまいましたね汗
僕の朝陽は今回限りです。出来るならあと数回観たかったです涙

ヒデさんのレポを楽しみにしております。
次は苗場、久々に現地入りしますよ。
またお邪魔しますね。それではまた!


☆No.7327(ヒデ)[17/11/29 14:31] Res to No.7326 気分は「喜」

ターボウさん、こんにちは。
再訪いただきありがとうございます。
帝劇の初日に行ってまいりましたです。
まだあまり細かな感想は書かない方が良さそうですが、
せっかくなのでちょっとだけ(笑)。

> 予想に反して上々の反応に驚いています。

そうなんですよね。
初日だけあってユーミンは最初は緊張気味でしたが、
お歌の部分はとても良いと思いました。
地味な曲を良くぞ集めたモノだとも思いますが。
衣装もユニークで、お似合いのが多かったです。
ステージ進行も以前より帝劇の機構を上手く使い、
照明やシンプルなセット等、
見栄えのするものになったと思います。
ご感想をお待ちしております。それではまた。


☆No.7326(ターボウさん)[17/11/29 13:31] 気分は「喜」

こんにちは!
帝劇、はじまりましたね。
ヒデさんは初日にご参加されたのでしょうか?
僕は前ツアーに習い、ネタバレ厳禁のため、
詳しく閲覧出来ていない状況です。
観劇後、感想をチェックさせて頂きます。
過去二作の経験から全く期待しておりませんでしたが笑、
予想に反して上々の反応に驚いています。
僕は今週末のみの参加です。
百聞は一見にしかず、しかと見届けて参ります。
またお邪魔します。
それではまた!


☆No.7325(ヒデ)[17/09/24 23:45] Res to No.7324 気分は「喜」

ターボウさん、こんばんは。
再びお越しいただけると思っていました。
ツアー参加ダイアリーをお読みいただき、ありがとうございます。
手前ミソですが、内容はともかくいちおうちゃんとした形で
感想を残しておくべきだと、本ツアー開始時に思いまして、
参加ごとに仮公開。
そしてファイナル後にまとめようと決めたのでした。
愛情があるように読んでいただけたそうで、
それは最高のホメ言葉かと(恥)。ひたすら感謝です。

お書きのように、私も伸びてゆく光の花道に見えたです。
それにしても 「 ル 」はサプライズでした。
「 ルって言ってくれれば飛びますから 」
これ、本当にユーミンが言ったんですよ(笑)。
お客の 「 もう一回 」 コールもいい感じでした。

私はTwitterもFacebookも未加入ですが、
色々なツールで個人が思い思いに発信できるのは
素晴らしいと思います。
まあどちらかというと、私は直接人と向き合って
あ~ダこ~ダとおしゃべりしたいほうかと。
確かに、深読みするファンは多いですよね。
「 私はユーミンの奴隷なの 」 発言はどう思われますか??

Road Showツアーの千秋楽の件が、ここで出てきてビックリです。
震災の被害を受けた地域のファンに参加して欲しい、
ということでしたでしょうか。私はあえて不参加にしました。

ショーの感想(印象)は自然に変わってゆくんですね。
始めのうちは、ポックラの方がずっと良かったと感じてました。
今回はあの電飾ギラギラ、派手目なものとは正反対にある
世界なのではと、次第に思うようになりました。
派手に見える装置や演出があっても、終わってみると
どこか穏やかに人間界を俯瞰しているような
不思議な気持ちに落ち着かせる雰囲気もありました。
ターボウさんの 「 思いは内に 」 に近いのかも。

> 帝劇、苗場と新たな旅を求めて、次に期待を寄せている、
> そんな気持ちでいます。

ユーミン、働きづめですね。本当にハードワークだと思います。
ファンが求めるからだとしたら申し訳ないような(汗)。
いつまでも現役でいて欲しいですね。
次のFMやウソラジオで、どんな話しをされるのか楽しみです。
2ツ前と同様、お返事になっていないような気がして恐縮です。
またお越し下さい。


☆No.7324(ターボウさん)[17/09/24 22:11] 気分は「喜」

ヒデさん、こんばんは。
ご観覧、お疲れさまでした。
千秋楽公演にDiaryを読ませていただきました。
いつもながらヒデさんのレポが一番好きです。
どんな記事やネットニュースより、深い愛情を感じるからです。

あのライティングは足下を照らしてるんだと思うのですが、
少しづつ伸びていく過程が花道のように見えて素敵でしたね。

僕もScarecrowが好みじゃなかったです笑
何だか甘めの味付けが非常に居心地が悪くて汗
毎回あの曲だけ回路をオフにしてました爆

「 ル 」 ジャンプの経緯も知ることが出来ました。
2度ジャンプって一体なんだろうと思っていたので笑
ありがとうございます。

初トリプルも千秋楽だからこそ。
最終日の卒業写真はさぞ心に沁みただろうなと。
ただダブルも含め、ご当地ソング以外は
ほぼ卒写とエアメイルだったので、
何か意図があったのかと深読みしてしまうんですよね。

今回は仕事のため、主戦場のTwitterも
リアルタイムで追いかけられなかったので、
非常に冷静なスタンス(笑)でユミ友さん達の感想を読みました。
千秋楽感動のコメントは勿論、
もしかして最後のツアーなのかもと感傷的なものから、
自分の想いの丈をぶつけるものまで様々。
今回僕は自分のコメントは出しませんでした。
ヒデさんがRoad Showツアーの千秋楽に寄せた気持ちが
なぜかオーバーラップしたんですよ。
ご参加された方々のものだと思って自重しました。

今回のアルバムの特性でしょうか、思いは内に向いております。
今回のツアーは過去の自分と対峙しているような感覚でした。
その人なりの宇宙図書館を見つけられたことが、
作り手である彼女にとって本望なのかなと勝手に解釈してました。

今後どのような活動になるか分かりませんが、
舞台に立っているユーミンの姿が一番好きという思いは
いつまでも変わることがありません。
これからも凛とした立ち姿でステージに上がり続けて欲しいですね。
語らないといいながら、長々と失礼しました笑

帝劇、苗場と新たな旅を求めて、次に期待を寄せている、
そんな気持ちでいます。
またお邪魔させて頂きますね。
それでは、また!


☆No.7323(ヒデ)[17/09/24 15:13] Res to No.7322 気分は「喜」

えりなんさん、こんにちは。お久しぶりです。
素晴らしいご感想をお寄せいただき大感謝です。
ツアーファイナルに参加できて良かったですね。
「 GREY 」 に対する感想について、私は少数派だと思います。
ムッシュの声の挿入は4月からではないでしょうか?
4月21日(金) の市川の日記にその記載があります。
ユーミンはツアーが終わる感傷的な気持ちは、
ファイナル間近の地方公演で発散し(?)、
本番では完走したと言う達成感、満足感に
包まれていたように見えました。

ファイナル当日のTFM 「 Yuming Chord 」でこう話されました。
*番組サイトより引用させていただきます。

私史上・最長で最多の80公演を1年近くかけてやってきたわけですが、
私自身、刺激を受けたこと、影響されて変わったことも、
あるような気がします。そして今夜、最後の1公演を終えたあと、
また、私の中で何かが変わるかも。

ユーミンの変化が私たちに何か届けてくれるものに
なってゆけば良いと思います。
私は跡引きしない方(ロス無し)でして、
今はもっぱら苗場の心配ばかりしています(汗)。
お返事になっていないような気がして恐縮です。
またお越し下さい。


☆No.7322(えりなんさん)[17/09/24 13:01] 気分は「喜」

ヒデさん、お久しぶりです。
「 宇宙図書館 」 ツアー千秋楽に私も参加させていただきました。
今回は序盤の新潟と中盤の京都、千秋楽と3回のチケットを
確保できたのですが、京都は仕事の都合で行けなくなり、
かなり間隔が空いての千秋楽となりました。
演出などいろいろと変わっていた中で最も感銘を受けたのが
「 GREY 」 の変化です。

由実さんの歌声にかぶって何か声が聞こえる、と不思議に思っていたら
「 ゴロワーズというタバコを吸ったことがあるかい 」というムッシュの声。
由実さんが淡々と歌う姿にかえって切なさを感じて涙が出ました。
ムッシュが亡くなったのは3月ですから、いつからの演出だったのか?
ヒデさんの「Thanks」を遡ってみると不評のようですが、
私には今回のハイライトの曲となりました。

2度の 「 ル 」ジャンプとか、おちゃめな由実さんも大好きですが、
私は由実さんの歌詞に時折現れる、健気な少女性のようなものに
惹かれ続けています。それは時の流れに負けない、
由実さん独自のスピリットだと思います。
押し付けがましいと感じられたら、すみません。
長い長いツアーが終わってしまい喪失感を覚えていたら、
同じ日にFCの苗場先行の受け付けが始まりました。
チケットを確保できるか不安ですが、
また、おじゃまさせていただきます。


☆No.7321(ヒデ)[17/09/22 12:21] 気分は「喜」
(ツアー終了後にまとめるまでの仮置き)

◇ 9月21日(木) ☆プレファイナル
  東京国際フォーラムホールA

かつてのツアーファイナル前日公演で
「 今日はファイナルとは違った思いがある 」
といったニュアンスで語られたことがあり、
急遽参加決定。
たぶんローチケの最後の先行に当選。
管理番号アタマはL。本ツアー唯一。
他は全てYFCとCDの先行(ぴあ)。
お席は期待してなく、2階12列80番台で、
まあこんなモノでしょう(汗)。
参加できただけでうれしいです。

定刻より若干遅れて開演。
エルガーの交響曲第一番(クラシックに詳しい人に確認済み、恥)が
流れるオープニング映像に続き、いよいよユーミン登場。
やはり普段の東京公演にはない大拍手に包まれます。
従来通りの最初のMC。その終盤に
 今日は特別な日。(お気づきの方もいると思いますが)
 今日の映像はブルーレイとして残ります。(ドッと沸く客席)
 皆さんにも協力していただけるとうれしいです。(大拍手)
 もう少し(と拍手を求める)。どうもありがとう!

そうなんですよ(喜)。
カメラ隊が座席数列を取っ払ったステージ前にいます。
レールに乗ったドリー(移動車)や、三脚に乗ったカメラ等。
2階席の前方にもありました。
ただクレーンやステージ上のカメラは無かったように思います。
それはファイナルで、今夜とは別のアングルで撮るのかも。

そして今夜は「 図書館発、宇宙行き、最終便 」が出発。

始めのうちの歌唱はところどころ違和感がありました。
何がどうと言いにくいのですが、
歌詞の区切りで少し「 ゆらぐ 」ような、これまでとは違う不安定感。
収録があって緊張気味だったのかも。
とはいえ会場は盛り上がっている様子。拍手に「 圧 」を感じます。
スマイル前のMCでは「 こんな東京、初めて 」とまで。
でもでも長野の「 神がかっている 」程まででは無いかと(汗)。
1階席の様子は分からず、2階席はまだ総立ちにはほど遠い状況。
「 ルージュ 」で立っても、次の曲のイントロでス~ッと座る。

アラビアンコーナーになって2階席も徐々にヒートアップ。
なのに満月のマジック大失敗(泣)。
最後、飛ばずにユーミンの斜め後方に落ちた模様。
そもそも2階席では何をやっているのか、良く見えないんですよね(哀)。

そんなこんなで、自分的には燃焼しきれずにアンコールに突入。
そして本編とはガラッと変わり、2階席もほぼ総立ちでお祭り状態へ。
床が揺れそうな感じの中、アンコール終了。帰る客はわずか。
ユーミンと武部さん再登場で、場内の熱気は最大に。
ユーミンがおじぎをするたびに大拍手に包まれます。
*いつもユーミンコメントは一字一句正しい訳ではないです。
 あくまでもご参考まで。意味をくみとって読んでいただきたく。

 本当にありがとうございました。最高のお客様でした。
 昨年11月にスタートした宇宙図書館ツアー、全80ステージ。
 今日はご存知の通り79ステージ目です。
 (最多公演に)挑戦しようとしたのは自分ですが、
 実際のスケジュールを見たら出来ないと思った。
 一本一本ていねいにやるしかないと思って続けていったら
 去年の私より強くなれた。
 みんなの笑顔があったから頑張れました。
 これからも時の流れに負けないよう頑張っていきたいと思います。
 ありがとうございました。

そして始まる「 青いエアメイル 」。
間奏で大拍手が巻き起こるも歌唱中は手拍子も合唱もなく、
場内はシーンとしている。
これぞ東京。この雰囲気が大好きです。終演は21時17分頃。
泣いても笑ってもあと1公演。今夜限り。
どんな事になるのやら。


☆No.7320(ヒデ)[17/09/21 22:14] 気分は「喜」

9月21日の東京公演(プレファイナル)は21時17分頃終了。
以下、今夜の特記事項です(レポートではありません)。

・映像収録がありました。ユーミンはブルーレイが出ると。
 たぶんWOWOWで放映すると思います。
 (東京公演の主催の1社なので)
・満月の時のマジックは大失敗(最後、飛ばずに落ちた。泣)
・MCの随所で「 最後 」とか「 最終 」といった単語が混じる。
・苗場2018のチラシが配られました。
 『 「 宇宙図書館 」 にお越しいただき、ありがございます。』の
 文言入りで、レア物かも。
 「 2018年の苗場はユーミンカーニバル! 」とのこと(喜)。
・Wコールは「 青いエアメイル 」。

*追記(17/09/21 23:58)
・苗場2018公式チラシの画像はこちら
・ロビーに「 帝劇 vol.3 」のポスターを掲げている人がいました。
 公演チケットを売っていたのかしれません。あす要確認です。

思い出し次第、追記します。


☆No.7319(ヒデ)[17/09/21 14:29] Res to No.7318 気分は「喜」

ターボウさん、こんにちは。
メッセージをいただき、ありがとうございます。
10か月、過ぎてしまえばアッという間だったような。
明日はもちろんですが、実は今日の公演にも参加です(汗)。
かつてのツアーファイナル前日公演で
「 今日はファイナルとは違った思いがある 」といった
ニュアンスで語られたことがあり、気になったもので、
某プレイガイドのたぶん最後の先行でチケットを取りました。
ところで、「 安室奈美恵さん、来年9月16日で引退 」とのこと。
ちょっとビックリ。ずっと前から決めてたのでしょうか。
CDは1枚も持っておらず、ライブにも行った事はありませんが、
わが道を行くタイプのアーティストだったように感じます。
今日か明日、ユーミンも何かサプライズがあるのではと不安です。
映像収録もあるのかないのか、どうなんでしょうね。
ということで、レポは必ずしますので、
期待しないでお待ち下さい(恥)。それではまた。


☆No.7318(ターボウさん)[17/09/21 14:05] 気分は「喜」

ヒデさん、こんにちは!
宇宙図書館、明日で終わってしまいますね。
このキャリアで最長不倒、ホント頭が下がります。
色々と賛否もありましたが、僕は大好きなライヴでした。
一抹の寂しさを感じながらも、
また新たなステージに期待を寄せております。

ヒデさんは明日の最終日、ご参加ですよね。
僕は仕事のため、今回は参加出来ません(涙)
レポを心待ちにしております。

それではまた!


☆No.7317(ヒデ)[17/09/16 21:09] 気分は「喜」
(ツアー終了後にまとめるまでの仮置き)

◇ 9月13日(水)
  ホクト文化ホール(長野)

長野駅着は16時49分。
駅前のビルのデジタル温度計で25度。
東京の予想最高気温が31度なので、
とても涼しく風がさわやかで気分上々。
「 Roadshow 」以来2度目の会場。
前回のコンサートの記憶はほとんど
無いので、当該日記を見てみたら
かなり盛り上がった様子。
今回もスゴいことになりました(喜)。

1曲目後のご挨拶の場面から大拍手で、
話し始めのタイミングをつかめず戸惑いがちなユーミン。
曲ごとに沸く拍手は大きいものの、3曲目までは淡々と進行。

「 影になって 」 終盤の女性ダンサーソロから、
紗幕が上がり、ステージセットが左右に割れて
「 AVALON 」 イントロと共にユーミンが登場する。
静から動への展開が、本ツアーで好きな場面の一つです。
そのイントロが流れると同時に総立ちの客にビックリ。
「 Midnight Scarecrow 」 後のMCで座る人がいましたが、
「 リフレイン 」 が始まるとまた総立ち。
「 何もきかないで 」 でも座りません(汗)。
そしてサードMC。少し興奮気味な感じのユーミン。

 長野は神ががってます!
 ずっと立っていてくれて
 滞空時間(客が立っている時間)が
 (今までで)一番長い。
 今日はいっちゃうよ(客、どよめく)
 (足腰休めるよう促しながら)
 お互いいたわり合わないと(笑)。

ここでようやく座るワタクシメ(喜)。
ずっと前のジャケットを見ると、のくだりで
「 変わってない 」 と女性の声がかかると
ユーミンはうれしそうに

 ほめられて伸びるタイプ。もっと言って!
 だってユーミンだモン。

とMCも快調。
続く「 Smile for me 」 ではユーミンのご指示に従って
立つ客は見当たりませんでしたが、「 残火 」 でまたまた。
そのまま本編終了まで延々と立ち続けました。
*中央通路より後ろのブロックでは立ってない客も

ところで「 気づかず過ぎた初恋 」 で客席の歌唱を促すのですが、
その代わりに(?)客が手を振るようになってきたのは、
いつ頃からでしょうか。自然にそうなった感じもします。

アンコールで盛り上がらない会場はありません。
もうお祭り状態。
アンコール終了後、1階席では誰も帰りません(2階はちらほら)。
そしてユーミンと武部さんの再登場で更にヒートアップ。
泣きそうな表情のユーミン。

 本当にありがとうございます。もう最高のお客様でした。
 長野がファイナルでいいくらい(客席大歓声)。
 去年の11月にスタートしたこの宇宙図書館ツアー。
 全80ステージ。
 残すところたった4ステージになってしまいました。
 (残念ながらメモ一部欠落)
 一瞬一瞬、惜しむようにお送りしたパフォーマンス。
 メンバー、スタッフもしっかり届ける事が出来て良かった。
 これからの勇気をもらいました。

涙と汗まじりの表情で歌う「 卒業写真 」。
合唱も手拍子もなく、静かに終わって
またまた大拍手と声援の中、
20時43分頃に公演は終了。

こんなに立ち続けたのは久しぶり。
客が立てば良いとは思いません。
会場の一体感が自然に伝わってきて
盛り上がり感動させるモノだと
つくずく思いました。
*YFC先行のお席は「 し(12)列 」 右端
【番外編】
開演前に何か食べようと長野到着後
長野駅ビルMIDORI3階
「 おごっそダイニング 」へ。
美味しそうなモノを出しそうな
数店から信州蕎麦のお店「 草笛 」で
初めての「 くるみ蕎麦 」を選択。
麺が美味しく量がタップリなうえ、
「 蕎麦つゆ+くるみダレ 」が絶品。
出来立てサクサクの「 かき揚げ 」共々
美味しく頂戴させていただきました。


☆No.7316(ヒデ)[17/08/28 08:11] 気分は「喜」

録画した昨夜のムッシュの番組を観終えました。
ご自身の出たTV番組を全部保存していたとはビックリ。
おかげで貴重な映像をたくさん観ることができ、
説得力抜群の内容で、自分的には永久保存版です。

「 セブンスターショー 」は観たハズですが、全く記憶無し(恥)。
二人でハモる「 中央フリーウェイ 」に泣けてきました(笑)。
代わりにもらった「 楽しいバス旅行 」も聴きたいです。
「 ビクター歌うバラエティ 」も観てました。
当事は番組中のテロップCMが認められていて、
そうそう、スポンサーは味覚糖だったと。
番組中(おそらくCMタイム)に堺マチャアキさんが、
「 総選挙 与野党よりも 味覚糖 」と詠んだのを
今でも覚えています。こんな事は覚えてる(笑)。
とにかくスパイダースの面々の肌のツヤが若々しい!
輝いてます。

時は流れて、何もかも変わって行くんだなと。
お邪魔しました。それではまた。


☆No.7315(ヒデ)[17/08/12 10:25] 気分は「喜」
(ツアー終了後にまとめるまでの仮置き)

◇ 8月6日(日) 長良川国際会議場

15時前に会場到着。誰もいない(笑)。
会場周辺の写真を撮ってきたら大汗。
四層吹き抜けのアトリウムの冷房では
身がもたず、隣りの都ホテルの
ティールームへ。なじみの遠征組に遭遇。
やはりちゃんと来てますね(喜)。

今日のお席は三重より更に前進し6列左寄り。
地方公演のCD先行はあなどれないです。
こちらも気が入っているので感じたかもですが、
オープニング映像が始まるや強い拍手。
そして手拍子が曲の最後まで続くこと。
途中で無くなる事がしばしばあり、
観客も相当入れ込んでいる印象。

ここでも、お客はスグに立ちます。
そして、ご当地ネタが入るのは「 Smile~ 」前のMC。

 今日はこのツアーで一番熱くなりそう(大拍手)。
 (岐阜公演は)37年ぶりですって。奇跡のよう。スゴいですよね。
 ウソラジオへのメールで「 前回、2度と来ないと言った理由 」を
 尋ねられたのですが、覚えてないんですよ。
 考えられるのは客が入ってなかったからかな。PAの前が空席で。

すかさず私の近くの女性が「 今夜は~? 」と尋ねるも
「 あなたと二人のショーじゃない 」とよくある切り返し(笑)。
ただ、この話題。本当にそんな事を言ったのでしょうかね?
ひっかけ(話題作り)の創作じゃないですよね(汗)。

Twitterを始めて、写真もアップしているというくだりでは、
「 昨日は名古屋でコスプレサミット! 」とも。

特別な反応がある訳ではないものの、場内の熱気の高まりを感じます。
「 Smile~ 」で近づいてきたユーミンに両手を振ると、
ちゃんと振り返して下さいました。ティナさんも。
「 残火 」で遠山クンと背中合わせの終盤、
ユーミンの被り物がズレて落ちそうになるハプニング。
マイク片手なので、片手で懸命に直すユーミンに「 頑張れ! 」と思う。
等など、ミーハーオヤジ満開のワタクシメ(笑)。

アッという間に、本編、アンコール終了。
そしてダブルコールに至り、ユーミンと武部さん再登場。
ワ~ともギャーとも聞こえる、ものスゴい歓声が場内に。

 本当にありがとうございました。最高のお客様でした。
 37年って本当に奇跡のような時間ですね。
 (満場の大拍手が巻き起こり)
 伝わってくる・・・泣けちゃうよ。
 (客席より、笑って~!)
 またなるべく早く来れるように頑張ります。
 みんなも元気でね。ありがとうございました。

大拍手、大声援が続き、「 卒業写真 」。
ユーミンは涙ぐんでいるように見えました。
三重の時とは正反対、自然発生的に手拍子と歌唱付き。
19時43分頃、公演終了。

JR快速で岐阜から名古屋までわずか20分ほど。
名古屋公演へ行く県民のファンが多いとは思いますが、
やはり地元で、それも37年ぶりとなると
熱くならざるを得ないのがひしひしと伝わる公演でした。
「 気づかず過ぎた初恋 」では客席のラララがちゃんと聞こえましたし、
ダブルコール登場時の熱狂はこれまでで最大でした。


 会場(メインホール)外観。
 コンクリート打ちっぱなしが
 安藤忠雄氏設計らしい味わい。

 屋上庭園からの眺め。
 長良川や金華山が見えます。
 余りに暑く周囲の散策は辞退(恥)。

*余談
初め、8月4日(金)から名古屋3泊で予約しようとしたのです。
(後日、8月4日(金)のみ津に宿泊変更)
既に3月上旬の時点で、JTBの出張パックでは
名古屋駅前のホテルがどうしても手配不可。
特に8月5日(土)が取りずらく、駅から徒歩圏内(太閤通り)の
ホテルしか取れないというので、そこに決定。
1階のベトナム料理店での朝食バイキングが良かったです(喜)。
チェックイン時、フロント嬢に「どこも満杯だったのですが
今日は何かイベントがあるのですか?」と尋ねたら、
「 関ジャニ∞ 」です、とのこと。
ナンと8月4日(金)~6日(土)にナゴヤドーム公演でピッタリ(泣)。
ジャニ系ライブのある都市でホテルが取れなくなるという
ニュースを聞いた事があったので、納得してしまいました。
コスプレサミットも早期の予約に拍車をかけたかも。


☆No.7314(ヒデ)[17/08/10 06:47] 気分は「喜」
(ツアー終了後にまとめるまでの仮置き)

家庭の事情で今回のツアーでは
宿泊付きの遠征プランはNGでしたが、
事情が変わり1回だけ行ける事に。
そこで2公演続けて今まで行った事の
ない会場へ行きたい、と
2月の苗場期間中に三重(津)と
岐阜(長良川)行きを決定。
その時は岐阜が37年ぶりとは知らず(汗)。

◇ 8月4日(金) 三重県文化会館大ホール

CD先行で9列目の席が出てビックリ。
さすがにユーミンの息遣いや表情が良く見えます。
ツアーの残り公演がわずかなこともあり、
1曲1曲に入魂している感じがして、
何故か「 影になって 」でウルウルする私(恥)。
音域ごとの歌い方も上手くなったように思えます。

今夜初めて気が付いたのは「 AVALON 」終盤。
歌っていない部分でクチをパクパクしている。
「 輝く草原 高鳴る鼓動 」とエアー熱唱?
テンションを維持する為でしょうか、真相不明ですが
妙に感動してしまったのでした。

ご当地ネタが入るのは「 Smile~ 」前のMC。

ユ「 三重にはツアーのたびに来て皆勤賞です! 」
岐阜を意識してのご発言?
「 ViVA! 」やアリーナツアーでは来ていないので、
「 TRANSIT2009 」以降は皆勤という事ですね。

お客さんはノリが良いです。
「 リフレイン~ 」で総立ち。続く「 月まで~ 」では
いったん座ったものの、再び立ち上がる(喜)。
「 満月 」以降も総立ち。
気分がショーの流れに自然に溶け込んでいるのでしょう。
参加するたびに、アッという間に本編終了。
立ったまま手拍子をして、アンコールを待つ会場。
そしてどの会場でも観られる大盛況へ。
「 DESTINY 」で演奏しながら踊るベースの須長クン。
手拍子をあおったり、積極的で好感が持てます(笑)。

アンコール終了、客は一人も帰りません。
そしていよいよ、ユーミンと武部さん再登場。

 本当にありがとうございます。最高のお客様です。
 歌は聴いてくれる人がいて、
 口ずさんでくれる人がいて、初めて歌だから、
 今日みたいに老若男女いっぱい来てくれて、
 音楽やってて良かったと思います。
 今日は68ステージ目、残すところわずかになって
 寂しいけれど、ラストスパートに
 今日は送り出してくれた気がしました。

大拍手が続き、「 卒業写真 」。
客席は手拍子も歌唱もなく静まり返っています。
20時43分頃、公演終了。


 会場外観
津には30年ほど前でしょうか、
会社員時代に一度、客先での
会議のために日帰りで来ました。
他に何かするでも食べるでもなく、
何も覚えていません。
高いビルが少なく、
県庁所在地とは思えない雰囲気。
コンサート会場は立派で音響が良く、
お客さんはマナー良くオトナな感じで
全体的にとても良い印象の残る
公演だったと思います。

【番外編予告】

 異様に大きいのが特徴「 津ぎょうざ 」

 伊勢神宮「 正宮 」

終演後、津駅近くの人気ラーメン店で「 津ぎょうざ 」をいただきました。
翌日は伊勢神宮に参拝してから名古屋へ。
これらを本更新の際に追記できればと思いますが、どうなりますやら。

長々とお邪魔致しました(恥)。


☆No.7313(ヒデ)[17/07/20 10:13] 気分は「喜」
(ツアー終了後にまとめるまでの仮置き)

7月19日の東京公演に参加してきました。
今夜はFC先行席で1階38列50番台。
当日指定制になって、どんな席になるか
楽しみでしたが、結局は以前とあまり
変わらないエリア。
どうにか中央寄りで、演出家視点で全体を
楽しめたのは良かったです。
それにしても今夜のY様はエラく鼻声。
しばしば声を押し出しているかのように、
歌いにくそうに聞こえたところも。
そんな事は全く無い曲も
あったりするのですが(謎)。

今夜の1階席の客はまとまり感があり、
「 ルージュ 」「 何もきかないで 」での
総立ちから「 体力温存 」の流れも良く、
続くMCでは最前列の客に「 いらっしゃ~い 」。
たびたびのカワイイコールに「 目上の人をからかっちゃダメ 」
「 自撮り棒まで手に入れたりして 」とアドリブ快調。
アラビアンコーナーでも総立ちで、
こちらも自然に立ちたくなるいい感じだったと思います。
「 AVALON 」で立つ客、数人。度胸あるなあ(汗)。
「 リフレイン 」でも立つ人少なく、それで良いと思います。
ここで書いてもしょうがないのですが、歌詞が舞う映像では
バンドを浮き出させるステージ後方からの照明は無い方が良いかと。
「 GREY 」でのノイズはムッシュ氏のゴロワーズであると
ハッキリ分かるようになってきましたね。
意味や効果がどれほど客に伝わっているのか疑問です。

今夜も収録があり、アンコールのメドレーでも
撮影隊がステージで頑張っていました。
昨夜の音響の違和感が、今夜は全く無くて、
あれは2階席ならではの現象だったのでしょうかね。
Wコール、その前のコメントは前日と同じ。
シーンとした場内に響く「 卒業写真 」の歌声を聴き、
終了は21時15分頃でした。



たくさんのお花が醸し出す「 ザ・芸能界 」な雰囲気。
7月の「 ANN-G 」ゲストのIKKOさんや
帝劇vol.3ご出演の寺脇康文さんからも。


☆No.7312(ヒデ)[17/07/19 07:31] 気分は「喜」
(ツアー終了後にまとめるまでの仮置き)

7月18日の東京公演に参加してきました。
CD先行のお席は2階の4列目かなり右側。
思っていたより前方でラッキーでした。

冒頭のMCで「今日は収録があります。
いつもの2割増しの声援よろしく」
といったコメント。
ライブ盤用の全編収録ではなく、
「 ルージュの伝言 」と
「 Smile for me 」の2曲だけ
だったように思います。
何のための撮影だったのかは不明。
最近の手持ちカメラって随分と
お手軽な感じなんですね(感心)。

当方にとっては怒涛の(?)八王子公演から2か月過ぎ、
懐かしいようでいて、結局自分のペースで鑑賞。
今夜最大の収穫は「 満月 」でのマジック成功シーンが
ついに観られた事でしょうか。
他には特に目新しい感動ポイントは発見できず(哀)。
1階席の様子は前方4~5列くらいしか見えず、
客が立つ曲もあるとはいえ、2階で立つ客はまばらな感じ。
場内はツアーファイナルのような一体感にはほど遠く、
いつもながらな雰囲気だとは思いました。

けっこう気になったのは音響。
こっちの聴覚の老化かもしれませんが(笑)、
演奏も歌唱も時々音程が揺らいで聞こえるのです。
そもそも論として荒削りで大音量の演奏には、
もう少し何とかならないものかと思います。
そんなこんなでショーは進行し、アッという間にWコールに。
大声援の中、ユーミンと武部さん再登場。
*以下のユーミンコメントには誤りや抜けがあります。
 あらかじめご了承願います。

本当にありがとうございました。
最高のお客様でした。
去年の11月からスタートしたこの宇宙図書館ツアー。
全80ステージのうち今夜は64ステージ目。
ゴールが見えてちょっと寂しい。
9月の最後にまた戻ってきます。
それまでいろんなことがあるかもしれないけど頑張って。
ヒアリに気をつけて。また会いましょう。
ありがとうございました。

そして始まる「 卒業写真 」。
手拍子は無かったですが、歌っていた人がいたかも。

 

グッズに新商品はありませんでした。
「 帝劇vol.3 」のチラシがリニューアルされてました。
公演公式サイトと同内容です。
(そのうち掲載します)


☆No.7311(ヒデ)[17/07/13 06:58] Res to No.7310 気分は「喜」

みんとさん、おはようございます。お久しぶりです。
直島と倉敷公演のレポートを
楽しく読ませていただきました。
安藤忠雄氏のギャラリートークへご参加とのこと。
ラッキーでしたね。
「 Super Woman 」や「 MODELE 」に影響されて(汗)、
当方、直島へ行ったのが2013年11月。
本当にユニークな美術館ですよね。

 
 地中美術館入り口へ向かうアプローチにある「 地中の庭 」。
 「 Super Woman 」でユーミンと長谷川祐子さんが
 お話しをされていた所。

ベネッセハウスに泊まり、もう懐かしい思い出です。
「大塚国際美術館」にも寄り、ここでも
モネの世界にひたることができました。

> 私も指さしを先日の倉敷含め2度頂いておりまして

何と!うらやましいですぞ。
私はそんな前の席になった事がありません。
そのチャンスはあと○回。
「ビューーーンっと飛んでいく」成功例を早く観たいです(笑)。
ツアーも残り18公演。時の流れは早いですね。
ツアー千秋楽にお会いしたいです。
帝劇はユーミンの楽曲(選曲)に期待したいです。
カンタンでスミマセン。
引き続きよろしくお願い致します。


☆No.7310(みんとさん)[17/07/13 02:32] 気分は「楽」

ヒデさん
大変ご無沙汰しております。
倉敷公演に行ってまいりました。
今回は遠方よりお越し頂いた方と、
前日に直島・地中美術館へ約2年ぶりに行ってきました。
直島も年間70万の観光客が来る
立派な(汗)観光地に成長しておりました。
偶然にも、チケットセンターで同行者が、
安藤忠雄氏のギャラリートークのフライヤーを見つけ
急遽安藤ミュージアムへ戻り
ギャラリートーク&サインを頂き
地中美術館を堪能いたしました。
海外からのお客様は、
集合時間なのか?あっという間に居なくなり
モネの部屋では、私たち3人だけで
ゆっくり見る事が出来ました。
お庭の水連はつぼみでしたが、周りの草花が生い茂り
いい感じのプロバンス感(苦笑)を楽しんできました。

宇宙図書館も終盤に入り、色々マイナーチェンジが・・・・
初見が12月大阪で、どセンターのBOX席というお席を
お譲り頂きすべての演出を理解出来ていたのが幸いし、
各地で右端、左端と前方ではありながら、
多分あそこにユーミンがいるはず???(汗)と
想像する全くもって見えない時間があったり、
スクリーンの案山子が全く真っ白で見えなくても
妄想で乗り切ってきました(苦笑)
最近追加された、ビューーーンっと飛んでいく
あの演出の意図は全く理解できておりません。

しかしながら、前にコメントされている方と同様に
私も指さしを先日の倉敷含め2度頂いておりまして
毎度毎度舞い上がり号泣している次第です。
そのたびにこれで3年生きていける。
っと言っておりますので、
結構寿命が延びた気がします(笑)

以前は色々苦言を、書いたり言ったりしておりましたが
ワタクシ自身が歳を重ねてきたこともあり?なのか、
目の前で歌ってくれている姿を拝見させて頂くだけで
幸せで満たされております。
帝劇もキャスト発表され、
ただただお元気だなぁ~と感心しております。

今ツアー千秋楽は参加予定でございます。
ご挨拶させて頂ければと思っております。
毎日暑い日が続いておりますがご自愛くださいませ。


☆No.7309(ヒデ)[17/06/17 22:59] Res to No.7308 気分は「哀」

ターボウさん、こんばんは。返信遅れてスミマセン。
ご丁寧に再訪いただき、ありがとうございます。
↓こちらの「よこすか」公演から帰宅したところです。


ユーミンは野際さんの訃報にふれたコメントをされたのですね。
同窓生とは知りませんでした。
女優になられる前、TBSの「 女性専科 」に出ておられた事を
覚えています。確かスポンサーは資生堂だったかと。
知的で颯爽としたイメージは、その後も変わらなかったです。
切なくなります。
簡単で恐縮です。今夜はこのへんで。
またお越し下さい。


☆No.7308(ターボウさん)[17/06/17 17:48] 気分は「恥」

ヒデさん、こんにちは。
先ほどの訂正です。

リフターは迫り上がりですね。
正しくはワイヤーリフトです。
惑わせてしまい申し訳ございません。

あと野際さんの件ですが、二日目のアンコールで
ご本人名は言及されませんでしが、
今日は亡くなってしまった大切な人達に
歌を届けることが出来ました、とのMCがありました。

同じ立教女学院出身。
ドラマを通じてご親交を深められたと記憶しています。
また名女優が一人、光を失いました。
非常に残念です。ご冥福をお祈り致します。

それではまた!


☆No.7307(ヒデ)[17/06/17 12:45] Res to No.7306 気分は「喜」

ターボウさん、こんにちは。
盛岡に続き仙台公演のご感想をお寄せいただき、
本当にありがとうございます!
お席の差がスゴいですね(汗)。
仙台サンプラザには入った事がありません。
座席の配置が個性的で、
シルク・ド・ソレイユ専用劇場のようです。

私も「まさかの指さし」を受けたら、血圧が上がると思います(笑)。
柱とお書きなのは、アラビアンコーナーの
当方「短冊スクリーン」と呼ぶモノかと。
当初は最初から全部降りきっていて、
席によってはステージ奥にいるユーミンが全く見えず、
(たぶん)3月の名古屋公演から途中で止めておくように変更。
(ご参考 : 下記3月5日付けのNo.7284)
何となく演劇らしい演出をしたかったのかなと思ってます。
あと、リフターってあったかなと(汗)。次回の楽しみにします。

そうそう「 真夏の夜の夢 」は
TBSのドラマ「 誰にも言えない 」の主題歌で、
主演の野際陽子さんが先日亡くなられました。
同様のフィーチャーが別のドラマでも。
時の流れは残酷な事もありますね(合掌)。

ターボウさんの盛岡のご感想で、
新たな見方を教えていただいたように思いました。
しばしば現れるピエロはユーミンの分身なのかも、とか。
本編とアンコールの色彩感をガラッと替えたのも
計算されたものなのでしょう。

とりとめのないお返事でスミマセン。
引き続きご愛読のほど、よろしくお願い致します。


☆No.7306(ターボウさん)[17/06/17 10:04] 気分は「喜」

ヒデさん、おはようございます。
ターボウです。
昨日、一昨日と杜の都の宇宙図書館へ来館しました。
先週の盛岡から短いインターバルで二公演参加いたしました。

一日目は一階席の前から3列目、
二日目は3階席の後ろから3列目という
180度違う場所での観覧となりました笑

初日は砂かぶり席ということで目線サービスはもちろん、
月までひとっ飛びのあなただったのねで
まさかの指さしをいただくことが出来ました汗
演出もそっちのけでライヴ感を楽しんでおりました。
二日目は俯瞰で演出を、
特にライティングの妙味を味わいました。
贅沢な話だと思いますが、
コンサートの全容を掴むには後方の席の方がよろしいかと。

ただ苦言を申せば、
あの柱の演出はなぜ採用されたのか、甚だ疑問です。
サイドからは死角で、近過ぎると影になる。
せっかくのリフターも今日ようやく全体像を確認出来た次第。
どの席でも楽しめるようにして欲しかったですね。

改めて今回は愛する人達に向けたラヴレターなんだなとしみじみ。
それを読み返しながら在りし日の想い出を
胸に刻んでいるように見えました。
現実に戻った瞬間、
切なさがそっと押し寄せてきて堪らなくなりました。

僕の宇宙図書館はこれにて閉館です。
これが最後かと覚悟しましたが、近い内にまた戻ってきますとの
嬉しいお言葉がありました。
新たな旅を続けてくれることへの喜びに胸がいっぱいになりました。
公演は今後も続きます。リポートを楽しみにしておりますよ。
それでは、また!


☆No.7305(ヒデ)[17/06/11 05:24] Res to No.7304 気分は「喜」

ターボウさん、おはようございます。
ご常連様の鑑賞レポートをお待ちしておりました。
お名前が替わってちょっとビックリです。
こんな見方もあるのだと思わせる、
素晴らしいご感想をお寄せいただき大感謝です。
苦行の半年はさぞかし長かったことでしょう。
それゆえに感動もいっそう深かったのかもしれません。

ここへきての自己最多ツアーで、
ユーミンも全国各地で感じるところが多々あるのでしょう。
昨日はTwitterで「 チャグチャグ馬コ 」の写真を見た後、
NHKの18時のニュースでその映像が流れて、
今頃は現地でコンサート中だな~と思い、
何やら不思議な連帯感がありました(汗)。
ステージでこの話題を話されたとか。
八王子公演であらためて感じたのですが、
コンサートはステージと客席で作るものだなと。
ファイナルみたいに盛り上がったのですよ。
昨日もそんな感じだったと想像します。

当方、次の鑑賞は来月の東京公演までおあずけです。
是非またお越し下さいね。それではまた。


☆No.7304(ターボウさん)[17/06/11 09:20] 気分は「喜」

ヒデさん、こんばんは。
ターチン、改めターボウです。
夜分遅く申し訳ございません。
ご無沙汰しておりました。
先ほど宇宙図書館の盛岡公演に参加致しました。
恥ずかしながら、今回初参戦でした笑

この書庫はユーミンの紡ぎ出す世界だけでなく、
そこに寄り添う観客の物語も一緒に綴られているんですね。
夢や記憶、人生などあらゆる場面を視覚化した
深遠なる光景に胸が熱くなりましたよ。
プロジェクションマッピングが素晴らしくて、
かつて観たモニターの演出が思い起こされました。

今回は何故か自分にオーバーラップする瞬間が多く、
恥ずかしながら泣いてばかりでした汗

今回は思うところがあってネタバレをやめていたので
新鮮な気持ちで向き合うことが出来ました。
SNSで知り合った素敵なユーミンファン達の反応を
目の当たりにして、知ったかぶりを気取っていた
自分がホント恥ずかしくなってしまって。
セトリを見ない半年は苦行でしかなかったんですけどね笑

今回の肝は「あなたに会う旅」でしょうか。
2時間ちょっとのその旅は自分と向き合う旅となりました。
いつかの、現在の、そして彼方の自分自身へと向かう旅路。
その広がるイメージは一人として同じものではないのですね。
時の列車に揺られ、懐かしさや切なさを経由しながら
見果てぬ場所へと連れて行って頂きました。
今回のステージ、本当に素晴らしかったです。

Wコールはご当地ソングの緑の町~でした。
ユーミンは泣いていましたよ。
あの少女のような泣き顔を見ていると、
ああ、次も大丈夫だって思うんです。
14歳の彼女が現在のユーミンに住み続けてくれる限り、
また次のライヴでまた会える、そう思えてなりません。
あの熱い声援が次の未来の原動力になるように祈るばかりです。

今日からネタバレ解禁なので、またお邪魔させて頂きますね。
それではまた!


☆No.7303(ヒデ)[17/06/06 09:20] Res to No.7302 気分は「喜」

む~んさん、おはようございます。お久しぶりです。
ご常連様からお便りが届き、うれしく思います。
そうそう、CD先行はあなどれないです。
私も最前列が出た時があって、1枚だったからかなと。
「アラビアン・ナイト」の評判は良くないのでは?
「真夏」のマジックはまだ成功例を見てない訳ですが(苦笑)、
とはいえ、いちおう盛り上がるあのコーナーで
終わっても良いのにとはいつも思うのですよ。
ワタクシメは終盤3曲に思い入れが無いですし。
でもでも「GREY」でシックに終わりたいのも分かります。
好き嫌いは人それぞれで、今日はこれだけに(汗)。

> あと、ユーミンのトレンチコート姿は最高に似合います!

同感です。
「 影になって 」はよくぞ選んで下さいましたという感じ。
是非、またお越し下さいませ。それではまた。

追伸的つぶやき
明日は釧路公演ですが、私は行った事がありません。
何となく「さいはて」な感じを受けます。
行かれた方からのWコール情報をお待ちしております(恥)。


☆No.7302(む~んさん)[17/06/06 06:10] 気分は「喜」

ヒデさん、お久しぶりです。

札幌のむ~んでございます。
6/3・4と待ちに待ったコンサートに参戦してまいりました!
実はFCの先行予約をするつもりが日にちえを間違えて予約できず・・・
CDの先行予約でチケットを取ったのですが、
初日は1列目でビックリ!
今回の札幌公演では2日間ともWコールがあって、またビックリ!
初日と2日目のお客の空気感が違ったのにもビックリ!
全体的には良かったと思うのですが、
「アラビアン・ナイト」(笑)は
個人的には相性が良くないです・・・(汗)
それにしても毎回、照明はキレイですね。
あと、ユーミンのトレンチコート姿は最高に似合います!

また、書き込みに来ますので宜しくお願い致します。


☆No.7301(ヒデ)[17/06/05 08:28] Res to No.7300 気分は「喜」

hiroさん、おはようございます。お久しぶりです。
昨夜のご感想をいただき、大感謝です。
ちょうど2年前位に吉田美奈子さんの
札幌ライブレポをお寄せいただいて以来かと。
違っていたらスミマセン。

曲目を知らずでのツアー初参加。素晴らしいです。
当方、参加するたびに感想が変わってゆくのですが、
お書きの通り、バランスのとれた選曲だと思います。
たぶん札幌公演はこれまでに4、5回参加しましたが、
いつも忘れられない思い出が残ります。
山達さんではオケピも客席になるんですね(驚)。
最前列でもステージまでとても遠く感じて、
あのポッカリ空いた空間はちょっと寂しいですね。
でも、大盛り上がりだったようで良かったです。
かつて厚生年金会館といってたように思いますが、
閉館したら本当に札幌の公演はどうなるのでしょう。
ユーミンの次のツアー(アルバム)の方も心配ですが。

北海道は花の季節で最も過ごし易い頃かと思います。
意外とこちらと気温が変わらない事もあるようですが。
次の釧路公演で早くもツアーの8分の5。
若い頃より時間の流れが速くなった気がします(笑)。
是非もう一度ご覧いただき、またお越し下さい。
ご愛読いただき本当に感謝しています。それではまた。


☆No.7300(hiroさん)[17/06/05 00:59] 気分は「喜」

ヒデさん。こんばんは。
hiroです。
数年に一度、コンサートの感想を送らせて頂いております。

半年以上セットリストを見るのを我慢して、
ようやく宇宙図書館ツアーの6/4札幌公演に行ってきました。
今回で最後かも、と思いながら見たせいもあってか
1曲目から涙が。。。(汗)
声の調子もすごくよくて、歌が心に染みる染みる。
他の公演に行ってないので比較できませんが、
札幌にしてはすごく盛り上がってたように思います。
ユーミンも終盤、ニトリ文化ホールのオケピを指さしながら、
「悪条件の中、良い結果が出せた」という
ニュアンスのことを仰ってました。
確かにステージと最前列の間に結構なスペースが空いてるので、
このホールでは一体感を出しずらいんだと思います。

ちなみに山下達郎さんは、ここに
パイプ椅子並べて座席にしてましたね。
私、ファンクラブに入っているわけでもないのに、
最前列のど真ん中が当たってしまって、
あまりの近さに冷や汗かきながら見てました(笑)
ネットの抽選予約は恐ろしいですね。

途中、「このホールで歌うのは今回で最後・・・」
という発言が飛び出して会場がどよめきましたが、
ホール自体が閉館するのが理由だったようで、安心しました。
しかし、札幌はこのホールがなくなった後、
ホールツアーはどこでやるのやら。
今更アリーナツアーは無いでしょうしね。

自分も年を取ったせいか、盛り上げ曲よりも宇宙図書館、
GREYのような曲がグッとくるようになりました。
その点で、今回のセットリスト、好きな曲が
たくさん入ってた訳ではないのですが、
程よいバランスで自分には合っていたようです。
セットや演出も(ユーミンにしては)地味すぎず、
派手すぎず、前半、後半の偏りも少なく。

次のツアーもあることを祈ります。
今回のツアーもまだ先はあるので、
機会があればもう1回くらい行ってみたいと思いました。

長文失礼しました。


☆No.7299(ヒデ)[17/05/22 22:09] 気分は「喜」
(ツアー終了後にまとめるまでの仮置き)

「 宇宙図書館ツアー 2016-2017 」の
5月21日(日)オリンパスホール八王子
公演に行ってまいりました。

自分にとってユーミンの出身地・八王子
での公演への参加は、「 VIVA! 6x7 」
「 Roadshow 」に続き、3回目。
この日は各地で今年の最高気温を記録し、
入場直後の会場内も暑くてたまりません。
FC先行でのお席は3階2列目ほぼ中央で、
当たっただけでラッキーと思い、
見える世界を楽しむことに。

←JR八王子駅からホール外観を撮影

オープニング映像が流れると、満場の拍手が巻き起こり、
1曲目の後には盛大な拍手で、最初のMCを始めるタイミングに
悩むようなユーミン。
雰囲気がツアーファイナルそのまま。
数年ぶりに開催される地方公演の趣きでもあります。
3階席では下の階の客の盛り上がり具合も分からず。
本編では3階席の客の立ち具合は「まばら」な感じだったかと。
MCはこれまでと変わった所はなく、
ステージ上への照明がキレイだなとは思いましたが、
自分の中では淡々とショーが進行して行きました。

「満月」で新趣向があると聞いていて、
(この時点でFCのM氏のページは未見)
きっと間奏の部分で何かあるのだろうと双眼鏡でガン見(笑)。
左の方の「すだれスクリーン」から布の束を持ち出し、
ユーミンが何かやって、布が手から離れステージに。
その後でユーミンが布を手に取り、ステージソデに向けて放ってました。
要は、何が何だか良く分かりませんでした(汗)。
後で知人に聞いたところ
手にした布の色が次々替わり、最後はスーッと
舞台のソデに飛んで消えてゆく、というのが成功例だとか。
今夜は失敗だったのですね(哀)。
M氏いわく
「なんかちょっと安っぽい、いいかげんな何かが欲しい」のなら
これで良かったのかもしれないです。
次に見る時は成功して欲しいですが。
スクリーンの間に、顔を出したり隠したりするこれまでの演出は
可愛らしさも感じられて、それはそれで良かったと思います。
あと「GREY」でのノイズが、はっきり日本語だと分かるくらいに
クリアーになっていたように思いました。

アンコールに入ると3階席も総立ち状態となり、フロアーも揺れる程。
いよいよ熱狂の終盤へと向かいます。
途中で空調が効いてきた場内が、再び暑くなってきます。
メドレーとメンバー紹介が終わり、一同退場。
いよいよWコールタイムの始まりです。
ユーミンと武部さんが再登場し、客席がどよめきます。
なかなかざわめきがおさまらず、
今回はこれまで以上に、ユーミンの声が聞こえにくく、
以下のメモの誤りや抜けの多さはお許し下さいませ。

本当にありがとうございました。最高のお客様でした。
何か泣いちゃいそうです。
私は今年でこの街に住まなくなって45年。
荒井由実時代の倍ぐらい?
デビューから考えたら、生まれてから計算できないくらい(場内に笑い)。
プライベートではちょいちょい来るんですけれど、
今回、宇宙図書館で伝えたかったことが、
今日、本当に伝えられてじーんとしました。
正に耳をすませば遠くへ行った人の声が聞こえてくるようです。
この街にいる人に感謝の気持ちで一杯です。
感傷的になってもいけませんが。
この街で作ったご当地ソングを・・・。


*撮影者(自分)が映ってます
曲は「中央フリーウェイ」。
お二人の退場の後、巻き起こる大きく強い手拍子。
しばらくの間、帰る客は見当たりません。
トリプルコールがあっても良さそうな展開でしたが、
ステージ前のスタッフが客出しをし始め、
ファイナルまでトリプルは無いのかなと
思いつつ退場。この時点で20時12分頃。

翌日、ユーミンのTwitterで
「遺影の前で鰻重食べて→オリンパスホール」
の写真を見ました。
最初に宇宙図書館という曲を聴いた時、
これは普段の仏壇の前での祈りやお墓参りの時に
亡くなった人を思う気持ちに通じている、
と思いました。

今夜のWコールのユーミンコメントは、
ご自身の私的な思いともリンクしているのでしょう。
今夜の会場はいつもお客さんのあたたかい応援が感じられ、
思い出深い一夜になったと思います。

【番外編予告】

せっかく八王子まで来たので、寄ってみました。
お店は私のような普段と異なる客層で賑わってました(汗)。
今夜はこのレポを書く気力が無く、
本更新の際に追記できればと思いますが、どうなりますやら。

長々とお邪魔致しました(恥)。


☆No.7298(ヒデ)[17/05/21 22:57] Res to No.7297 気分は「喜」

とこずれにGood nightさん、こんばんは。
八王子公演のご感想をお寄せいただき、大感謝です。
私も参加しまして、40分ほど前に帰宅したところです。
今夜はツアーファイナルを思わせるほどの熱気。
客の拍手や応援がとてもあたたかくて、
トリプルコールがあってもおかしくない程でしたね。
当方3階席で「スタッフの宣言に納得して帰る客」を
高い所から見ておりました。
Wの時のユーミンのコメントが良かったです。
「生まれた街で」かと思いましたよね(汗)。
「満月」の時の新趣向は良く見えなかったのですが、
失敗ぽかったような(哀)。
今夜はまもなく寝ますが、
ミニレポは早めに追加したいと思います。
またお越し下さい。それではおやすみなさい。


☆No.7297(とこずれにGood nightさん)[17/05/21 22:01] 気分は「喜」

八王子行ってきました。
横須賀のゲネプロ以来でしたが、ゲネの時は、
ひこうき雲やリフレインの位置に違和感を感じたりしましたが、
今日見てみて、これはこれでありだなと納得できました。
ダブルコールが終わり、ほとんど帰らず、
アンコールの拍手が続きましたが、
途中でスタッフに無線が入ったようで、
「閉演でーす」と言われ、素直に帰るユーミンファン。笑
でも、30年ファンでいて
(かれこれ、アラームあたりから買い始めてます)
よかった、と思わせてくれるライブでした。声も出てたし。


☆No.7296(ヒデ)[17/04/27 09:54] 気分は「喜」
(ツアー終了後にまとめるまでの仮置き)

「 宇宙図書館ツアー 2016-2017 」
4月26日(水)の東京公演へ
行ってまいりました。
ユーミンの公演では初の、
入場時にお席が決まる方法に、
不安と期待を抱きつつ、
18時30分に会場到着。

入り口では順調に客が流れており、
係員が発券機に引換券の
バーコードをかざすと
ニョロっとレシート状の
指定席券が出て手渡されます。

お席は1階36列、最も右の
ブロックの60番台。
これまでのFC先行では
前の方が出た事がなく、
「やっぱりネ」という感じです(汗)。

←18時40分頃の入場ロビー

今更ですがバカでかいホール。
ステージまで遠く、ステージは箱庭を眺めているようなモノ。
正直なところ、ツアーファイナルのようには盛り上がらないのが
経験的に分かっていて、今夜も随所でそんな雰囲気を感じました。
「 AVALON 」「 リフレイン 」では客立たず、
「 ルージュの伝言 」でようやく4分の1くらい(?)。
次の「 何もきかないで 」が始まると、サーッと座ってゆきます。
「 満月 」でも客立ちはまばら。
中央通路より前方の盛り上がりが低い感じです。
最新アルバムからの曲は客への浸透度が低いと思われ、
その時は場内の温度が下がった気がしますし、
アンコールのメドレーのような知られた曲の
ポテンシャルの大きさを思わざるを得ないです。

今夜の新趣向その1は、冒頭のMC様変わり。
以前のより良くなったような気がします。
あわててメモったので、間違い勘違いはご容赦を。

 図書館ってどんな所だと思いますか?
 私は図書館こそ宇宙の入り口だと思っています。
 無限の銀河が集まるように、無限の知識が集まる場所。
 耳をすませば遠くへ行った人の声が聞こえるようです。

 図書館発、未来行きの列車が出発します(←??)
 終着駅は皆さんが決めて下さいね。

新趣向その2は客立ちは7割程?の「 破れた恋の~ 」で。
客席の後方からストロボが激しく点滅してました。
以前からかも?(汗)
あと、途中まですだれスクリーンに映像が映ってなかったです。
トラブルなのか演出変更なのか?

そんなこんなで本編では1回も立たなかったワタクシメ。
「 BABYLON 」での放射ビームライトの美しさとか、
それなりに自分のお席ならではのお楽しみも。

そしてアンコール。場内総立ちとなりガラッと雰囲気が変わる。
ここで盛り上がらない会場は、次は来ない方が良いかと(笑)。
ようやく巨大ホールの醍醐味を感じます。
アンコール終了、帰る客がかなりいる中で手拍子が続き、
ユーミンと武部さんが再登場。戻ってきた客で通路は混雑。

 本当にありがとうございます。最高のお客様でした。
 やっとホーム(の東京)に戻ってきて全力でやりました。
 来月もあるけど(笑)。
 残すところ40数ステージ。
 あっという間に過ぎちゃうと思います。
 今日のように毎日悔いのないように・・・
 ありがとうございました。

Wコールは「 卒業写真 」で、
まさかの日替わり。
小声で歌う人もいて、
感動はイマイチでした(哀)。
終演は21時12分頃。

ほぼ折り返し地点にきた本ツアー。
回数的にワタクシメの鑑賞も
ちょうど折り返し点です。
ファイナルの9月22日まであと数回。
これからも少しずつ演出が
ブラッシュアップされそうな気がします。
最後はどんな感想を抱くでしょうか。


☆No.7295(ヒデ)[17/04/27 06:33] 気分は「喜」

エラく早い時刻に目が覚めてしまったので、
昨夜NHK Bs-Pで放映されタイマー録画していた
『 名盤ドキュメント 太田裕美
「 心が風邪をひいた日 」木綿のハンカチーフ誕生の秘密 』の
録画を観ました。
このアルアムの発表は1975年。
かつてアルバム「 ひこうき雲 」の音源が見つかったと
「 マスターテープ 」なる番組がありましたが、
その流れをくんだ番組。
業界裏話し的な内容もあり、なかなか面白かったです。
作詞・松本隆、作曲・筒美京平、編曲・萩田光雄の黄金トリオが
裕美さんのユニークなキャラクターを活かして
素敵なアルバムが出来上がった事が良く分かりました。
A面2曲目の「 袋小路 」の作曲が荒井由実。
その作家性を紹介する場面もありました。
このLPは持っていますが、CDは持っていませんで、
収録曲が紹介されるたびにメロディーが脳内再生され、
何となく40年前に戻った気分が致しました。
*残念ながら再放送の予定は無いようです。


☆No.7294(ヒデ)[17/04/22 10:32] 気分は「喜」
(ツアー終了後にまとめるまでの仮置き)

「 宇宙図書館ツアー 2016-2017 」の
4月21日(金)市川市文化会館公演に
行ってまいりました。
席は1階15列1ケタ番(FC先行分)。

「真夏の夜の夢」で新発見。
「カリビアン・ナイト」の所を
「アラビアン・ナイト」と歌ってました。
終演後知人3~4名に聞いたところ、
今夜が初めてではないそうで、
何公演か「気づかず過ぎた」ようです。
途中から替わった事は確か(汗)。

あと些細な事だとは思いますが、「 Midnight Scarecrow 」の時、
LEDスクリーンがずっと左右に揺れてました。
意外と気になるモノで、ずっと見ていると酔ってきそうで怖かったです。
スクリーンを下ろす速さの関係ですかね。

そしてそして、ウワサに聞いていた新趣向、「 GREY 」でのノイズ挿入。
イントロか間奏でかと思っていたら、何と歌唱中だったのでビックリ。
ラジオの混信みたいな感じで、確かに「ゴロワーズ」の語が聞こえ、
かまやつ氏と関係があるのかもしれませんが、
正直に言って邪魔としか感じませんでした。

「そし夢ツアー」以来の市川公演参加ですが、
ここは東京国際フォーラム公演より盛り上がる印象があります。
ただし今夜は体調(足腰骨格系)がいまイチで、入場後しばらくは
人いきれでひどく暑いこともあり、おのずとテンション低めで推移し、
会場盛り上がり度を感知するアンテナも鈍り気味。
「 AVALON 」では客立たずでしたが、その後は一般的。
「ユーミン可愛い」コールはタイミングをハズし、
ユーミンとのキャッチボールは不発(哀)。
アラビアンパートで次第に盛り上がるも、
「真夏の夜の夢」では意外に静かになり、何だこれはと。
本編でのメンバー紹介の拍手はまばらな感じだし。。

とはいえ、アンコールに入ると怒涛の盛り上がり。
いつもの市川が帰ってきた、みたいな(笑)。
アンコール終了で帰る客はいない感じで、
Wコールを求める盛大な拍手とかけ声の中、
ユーミンと武部氏再登場で興奮はピークへ。

 本当にうれしいです。ありがとうございました。
 最高のお客さんでした。
 今日はやさしさの交換がいっぱいできたからね。
 今日の気持ちの歌を。

そして「やさしさに包まれたなら」を
歌い始めます。
客の歌声もかすかに聞こえてきます。
言葉や仕草でうながされた訳ではなく、
自然発生的なもの。

今夜は最初からユーミンの歌唱に
頑張りは感じたものの、
随所で不安定な所がありましたが、
客席は市川らしい盛り上がりで、
これを「やさしさの交換」と
表現されたのでしょうか。
終演は20時45頃。
終わってみれば、参加して
良かったと思える公演でした。

追伸
神奈県で疑問に感じた「右固定セット左端柱の途切れ」は
今夜も変わらずで、単なる自分の思い過ごしかも(恥)。


☆No.7293(ヒデ)[17/03/25 23:39] 気分は「喜」

「 宇宙図書館ツアー 2016-2017 」
神奈川県民ホール4公演。
3月25日(土)の最終日に
行ってまいりました。
開演時刻はほぼ定刻17:33頃。
終演は19:41頃。帰宅は21:28頃。
京急の快速は本当に速いです(喜)。

昨日までの3公演は
海午後のWコールありで、今日
それが無いハズはありません。
アンコール終了後、満場の
ものすごい拍手・手拍子の中、
ユーミンと武部さんが登場。

 ありがとうございました。
 大好きな横浜。あっというまに終わってしまいました。
 素晴らしいお客さんで感動しています。
 (数語聴き取れず)
 パフォーマンスできて幸せです。
 また来れるように日々努めます。
 横浜ならではのこの曲を歌います。

そして始まる「 海を見ていた午後 」。
客席は手拍子も歌声もなくシーンとしています。
歌い終わって「 また横浜で 」。
ステージのソデに消えてゆくユーミン。

ユーミンが言った「 素晴らしいお客さん 」が
以下の事とは限りませんが、自分的にも今夜の会場の
雰囲気はメリハリがあって、とても好感が持てました。
まず、1曲目終了後の拍手が強く大きい。
無闇に立たない客。 これはこれまでの会場と全く違っているかと。
「 AVALON 」でも「 リフレイン~ 」でも「 残火 」でも、
自分の席から立っている人は見えませんでした。
(ちなみに今日はFC先行で1階6列かなり右寄り)
じっくり曲を聴いている雰囲気が実に良かったです。
確か「 残火 」前のMCで女性の声「 ユーミン、可愛い!」。
ユーミンすかさず「 あなたもよ 」。
フイをつかれてあわてて調子を戻す(笑)。

「 Smile for me 」はお客との交流コーナー「 その1 」。
ステージと客とが手を振り合ってなごやかムード。
「 その2 」の「 気づかず過ぎた~ 」ではユーミンが
マイクを客席に向けるも、客の歌声はか細く不発に終わる(?)。

MCは3週間前の名古屋公演より、更に短くなった気がしました。

本編終了後は、もう大拍手や手拍子やら大盛り上がり。
ここの会場ではいつもの光景ですね。

ところで気になった事が一つ。
舞台左右に動かない固定セットがありますが、
右の固定セットの遠山氏の後方、左端の柱が途中で切れている。
左側固定セットの右端の柱は、ちゃんと
図書棚の最上部までつながってます。
何かアンバランスな感じで、気分が良くなかったのですが
右側セットのこの状態が、最初からなのか記憶にありません(恥)。
ゲネプロ報道記事の写真には映っておらず、真相が気になります。
次に観る時には真っ先に確認したいと思います(汗)。

さすがに横浜公演。ロビーで階段でそしてトイレでも、
大勢のお知り合いに続々と遭遇しました(喜)。
あまり話せませんでしたが、ラッキーでした。
外に出ると、けっこう空気が冷えていましたが
暖かい気持ちを抱きつつ、帰路についた次第です。
以上、終わり(笑)。それではまた。


☆No.7292(ヒデ)[17/03/11 11:04]

ユーミンとムッシュ氏の対談でユーミンが
泣いてしまう、黄色い表紙の雑誌が
あった事を思い出し、物置部屋状態の中、
30分探して見つけ出し再読しました。

『 STEPPIN'OUT! Vol.2 』
総力特集 松任谷由実

アルバム「 そしてもう一度夢見るだろう 」が
出た頃に (株) ティー・シー・アール・シーより
発行されたものです。*発売元は幻冬舎


対談は1997年「 Cowgirl Dreamin 」リリース時のもの。
お二人の間柄がしのばれ、いま読んでも
時差を感じさせない内容かと思います。
当方が忘れなかったキモはこの部分。

ム この人、基本的にすごく人を信用して来たから。
ユ よく分かってるね。
ム (慈しむような口調で)
  ずっと丸腰で歩いて来たんだよね?
ユ (高ぶって泣き出す)でも・・・

この対談とは別に、特集ワク以外でムッシュ氏の
インタビューが載っているのは忘れてました(恥)。
新婚旅行へついていった話しや、苗場へ行った事など
ユーミンについても語っておられます。
この際、他のページも読み直そうと思います。
それではまた。


☆No.7291(ヒデ)[17/03/11 07:03]

今週のウソラジオ。
本当に大切な人を亡くした悲しみが素直に伝わってきて、
不覚にももらい泣きしてしまいました。
ムッシュかまやつ氏のご冥福をお祈り致します。


☆No.7290(ヒデ)[17/03/10 04:31] Res to No.7289 気分は「喜」

ロコモコさん、こんばんは。
鹿児島公演のご感想をいただき、ありがとうございます。
大感動で大満足のご様子が感じられ、
こちらもうれしくなりました。
「 Transit 」の時、鹿児島/宮崎と続けて参加し、
どちらも盛り上がったのが懐かしいです。
この時期、やはりWコールは卒写が合いますね。
「 Songlist 」に追加させていただきました。
またお越し下さい。
それではまた。


☆No.7289(ロコモコさん)[17/03/10 01:20] 気分は「喜」

鹿児島公演に行ってきました。
ユーミンの笑顔が素敵で素敵で、もう最高の夜でした!
このうえない良席でみることができたんですが、
圧倒されて記憶はまばらです…
一曲目からうるうる、感涙というものが
本当にあることを始めて知りました。。
ダブルコールで『卒業写真』をうたってくれました!
もう、感動感動でした。
たいした報告になっていなくて申し訳ありませんm(_ _)m
また、宇宙図書館tour行きたいです!!


☆No.7288(ヒデ)[17/03/06 23:05] Res to No.7287 気分は「無」

ロコモコさん、再びこんばんは。返信どうもです。
No.7286に書いたのは周囲を見渡して
立つ人が多く見えた曲ということで、
当方がその曲で立つという事ではないです。
自分的にはリフレインは立たない曲ですし、
先日の名古屋ではダルかったので本編では
ず~と座ってまして、ひんしゅくかったかも(汗)。
その時の気分次第ですかね。それではまた。


☆No.7287(ロコモコさん)[17/03/06 22:30] Res to No.7286 気分は「楽」

管理人ヒデ様 
さっそくのアドバイスありがとうございます。
今回好きなナンバー「AVALON」からか?
と個人的に思っていましたが、
たしかに「リフレイン」からがよさそうですね。
誰もが知っているだろうナンバーですし。
おかげでとても楽しみになりました!!
安心したというか(^^♪
「度胸ありポツン派」は高ぶる気持ちが
わからないでもありません(笑)
Wコールなどで手拍子や一緒に歌う、は
ユーミンがお好きでないと耳にしたことがあり
(こちらのサイトで知ったかもしれません) 忠実にやっていません(^^)/
また、楽しいご報告させていただきます。
失礼いたします。


☆No.7286(ヒデ)[17/03/06 20:46] Res to No.7285 気分は「無」

ロコモコさん、こんばんは。お久しぶりです。
お尋ねの件ですが、無難に周りと合わせるように
立てばよろしいかと思います。
たまにポツンと一人だけ立っている方がいます。
度胸あるなと思いますし、少しおかしいのではとも(汗)。
経験的には
09 リフレインが叫んでる
10 月までひとっ飛び
11 ルージュの伝言
15 満月のフォーチュン
16 破れた恋の繕し方教えます
17 真夏の夜の夢
アンコール、Wコールかなと。

ついでに個人的な要望ですが、Wコールでは
歌ったり手拍子したりして欲しくないです。
鑑賞後のご感想をお待ちしております。


☆No.7285(ロコモコさん)[17/03/06 19:05] 気分は「無」

苗場期間中も楽しく拝見させていただきました。
ライブには行けなくても、臨場感溢れる投稿に
いつもドキドキしています!
管理人様をはじめ皆様にお聞きしたいのですが、
宇宙図書館ツアーではどのあたりからなら、
スタンディングしてもよさそうでしょうか?
立ちたいので悩みます。。


☆No.7284(ヒデ)[17/03/05 12:24] 気分は「喜」

みなさま、こんにちは。久しぶりにミニレポです。

☆2017年03月04日(土) 名古屋公演

2月27日の「 武部さん~Happy 60~ 」では
恩人であるムッシュかまやつ氏の楽曲の
メドレーコーナーがあって、
「中央フリーウェイ」を歌ったユーミン。
森山良子さんが終演後に病院に録音を持参し、
まだ意識のあった氏に聞かせたそうです。

この曲を涙ながらに3月2日の名古屋公演で
歌う事になるとは誰が予想したでしょう。
氏が病床にあるのは聞いてましたが、
本当に現実とは時に残酷なものです。
苗場2017の余韻も続く中、この日の
ユーミンの心境はいかにと思い会場へ。

名古屋公演はあまり盛り上がらないという
印象がこれまでありました。
今夜はオープニングから拍手は強く、客の雄たけびもしばしば。
客立ちは本編では中央の一角が目立ってましたが、
アンコールになると総立ち。
Wコールを求める大きな手拍子の中、ユーミンと武部さん再登場。

ありがとうございました。
この宇宙図書館ツアーはまだまだ続きます。
名古屋は明日がファイナルですが、次は7月。
また会いましょう。
盛り上がってくれてありがとう。うれしいです。
そして始まる「 青いエアメイル 」。

一口に言ってしまえば、余計な心配は不要でした。
ムッシュ氏のことは一言も語らず、何もなかったように
コンサートは進行しました。
いつになく「 ひこうき雲 」は熱唱だな、とか
思うのは自分の勝手な事なのです。
ご本人の心境は誰にも分からないですし、
苗場のように哀しみを前面に出されてもツラいですよね。

そもそもツアー第2期の始まりにあたって、
何か変化は無いかを観に来たのです。
曲目は変わらず。
変わってたのはアラビアンコーナーの冒頭。
例の短冊スクリーンは途中までしか下りておらず、
「 残火 」でのユーミン登場が誰にでも見えるように。
ステージ前まで来ると全部下りたこれまでの状態に。
これは素晴らしい改善だと思います。
まあ、その後は相変わらずで「 破れた恋の~ 」では
ダンサーのフライングシーンが私の席からは
スクリーンと重なってほとんど見えなかったです(哀)。
ちなみにお席はCD先行で1階後方から5列の右端。
予想通り残念なお席(泣)。見切れこそなかったですが。

MCも微妙に変わっていて、少し短くなったかも。
「 リフレイン~ 」の前、本の話しが夢になるテーマで
「 スリラーなんて絶対読めません」とは言わなかったし、
「 Smile for me 」の前(60~70年代の事)でも
「 シングルのカップリングの曲を続けてお送りしました」
はなくなって、「昔のジャケット写真は別人のよう」とか。
このあたりメモがあいまいでスミマセンです(汗)。

次回は神奈川県民ホール公演へ参加します。
Wコールはもちろん「 海午後 」ですね(喜)。



以下余談(オマケ)です。



これまで名古屋公演へ行く時は名古屋駅前か
栄周辺で泊まっていましたが、今回は初の日帰り。
JR乗車券が名古屋市内行きだったので、それならばと
新幹線から在来線に乗り換え金山で下車(快速で1駅)。
地下鉄はホーム両側に来る行き先の違うどちらかに乗り、
これも1駅目で下車すればOK、という簡便さ。
帰りは金山で新幹線指定席を20分早い列車に替え、
名古屋のホームで夕食代わりの「きしめん」を食べ、
自宅を出て9時間で帰宅。
JR券は金券ショップで新幹線回数券(片道\9,900)を購入。
と、実にスピーディー&エコノミー(笑)。
往路車内から富士山が見え、大満足の1日となりました。


☆No.7283(ヒデ)[17/02/21 21:40] Res to No.7282 気分は「喜」

ターチンさん、こんばんは。
苗場2017最終公演のご感想をお寄せいただき、
どうもありがとうございます。
猛吹雪の苗場を出て3時間少しで自宅帰着。
その瞬間に現実に戻されて、昨朝からの
長い1日は何だったのだろうと思います。

最終日はしょっぱなから客の熱気がスゴくて、
アッという間に終演。
ユーミンの中川さんを失った悲しみは
回を追うごとに強くなるばかりのように思えました。
あえてコンサート会場で客と共に、
今回のような追悼シーンを直球で投げかける
制作陣に拍手をおくりたいと思います。

昨夜のトリプルコールも配信されたんですよね?
こういっては失礼かもしれませんが、
ユーミンの感謝の言葉が年々、
真実味を増しているような気がします。

1シーズン、1シーズン、1ステージ、1ステージ、
1曲、1曲、1秒、1秒。
本当に貴重なんですね。
足を運んでくださって心から感謝しています。
ありがとうございました。

そして始まる「春よ、来い」。
生きている者は前に進むしか無いのです。
後半の選曲にもそんなテーマ性を感じました。
お花のセットは実に良く作りこまれていて、
照明によって多彩なシーンをかもし出してましたね。

 私にとって苗場は年に一度の
 現地集合による同窓会の
 ように感じます。
 今年は例年以上にたくさんの
 お知り合いに会え、
 短いながらもお話しできて
 良かったです。

 > 僕は盛岡と仙台公演に参加します。

 もう少しの辛抱ですね。
 早くも来週末からツアーの
 第2期開始。
 休むヒマがないユーミンに脱帽。
 またお越し下さい。それではまた。

 ←ポスターがはずされ、祭りの後。
  (撮影 17/02/21 07時頃)


☆No.7282(ターチンさん)[17/02/21 09:36] 気分は「喜」

ヒデさん、おはようございます。
お久しぶりでございます。
苗場が終わってしまいましたね。
僕は今年もネッパで参加致しました。

今年のショー、力強くも切なすぎる
圧巻のステージングでした。
最終日のユーミンにハズレなし、
またまた更新され嬉しくなりました。
一面の花は中川さんへの手向けの意味だったのかなと。
後半は照明もブルーを多用し、
青く美しく咲いているように見えました。
まーやん、衣装も青が多かったですし、
ギターの色もそれでした。
青色がお好きだったのかなと思いました。
在りし日のお姿に思いを馳せる演出、
特にブリザードや心ほどいてにはしてやられました。
ファラウェイ隊がなくて残念だなと思ったところでの
あのイントロは反則ですよね。
猛々しくも儚い今回のショーを僕は忘れません。
次はまだ観ぬ宇宙図書館です。
僕は盛岡と仙台公演に参加します。
今回は久々にネタバレをやめているので
渇望感が底知れません爆
それではまた!!


☆No.7281(ヒデ)[17/02/08 15:37] Res to No.7280 気分は「喜」

りょうたさん、こんにちは。お久しぶりです。
当ページへ投稿いただきありがとうございます。
苗場2017が始まってしまいました。
初日終演後、りょうたさんだったら
泣き続けだったかも、と話しました(汗)。

> 意外な選曲ばかり。

リクエストまでの選曲はシブ過ぎでビックリです。
期待していた「Sillage~シアージュ」、
もう一度聴けるとは思ってもいなかった「Raga#3」。
そしてやはり圧巻は中川さんの追悼コーナーでしょう。
色々な思い出を語り、
アンプラグド(ファラウェイ隊)のリーダーでもあり、
何度も歌われた「君なき世界」からスタート。
冒頭の歌詞が現実とリンクしていて体が震えたです。
「心ほどいて」は歌わないのかなと思ったら、
Wコールに持ってきてノックダウンという感じです。

「BLIZZARD」も今年は特別バージョン。
コーラス隊がステージに出てきて、
ユーミンとステージ下手へ移動すると
中川さんのギターがあり照明があたり、
氏のソロパート(データ再生)が演奏に加わるという流れ。
昨年と同じ曲があるとか、個人的には
もう一工夫して欲しい点もありますが、
ステージセットの完成度も含め、
全体としては素晴らしいコンサートでした。

 それにしてもスポーツ新聞各紙の
 扱い方は微妙かと。
 いまだにS○APネタですか?
 帝劇Vol.3をステージから発表、と
 ありもしない事を書いている
 ところもあります。
 その事はステージでは
 一言も言ってないです。

 ←グッズ売り場に出た告知
  お席には同柄のチラシ。
  FIGARO BOOKS
  「ユーミンとフランスの
  秘密の関係」先行発売も。

> 未だに大連慕情はヒデさんを思い出す曲になっています(^^ゞ

一緒に参戦した年でしたね。
2002年2月2日、Vol.22の苗場2日目の
リクエスト2曲目、と2づくし。
武部氏に初めて大連慕情を弾かせたのはヒデです。
直後のFMの番組で、ネタにされたのも思い出です(恥)。

> 義父と釧路で唯一の参戦となる予定です。

ファン心理が分かる方かと思います。
思い出深いものになるでしょう。
またお越し下さい。それではまた。


☆No.7280(りょうたさん)[17/02/08 12:45] 気分は「楽」

ヒデさん、お久しぶりです。
苗場もよいよ始まりましたね!
早速セットリストを見させていただきましたが、
意外な選曲ばかり。
そして、きみなき世界や心ほどいてを聞くと、
あまりバックバンドに強い興味を持っていなかった私でさえ、
ぐっとくるものがあります。
昨年、今年と家庭環境の変化で
参戦できていないことが本当に残念でなりません。
(今年はYMODEを見ることは出来そうです!)

苗場と言えば私にとって一番思い出深いのは、
なんと言っても2002年。
未だに大連慕情はヒデさんを思い出す曲になっています(^^ゞ

実はまだツアーに参戦できていないのですが、
またライブでお会いできる日を楽しみにしております!
ちなみに宇宙図書館ツアーは
義父と釧路で唯一の参戦となる予定です。
(実は義父が荒井由実~松任谷姓に変わったころに
ユーミンのライブ を見ていた大先輩なんです)