サイパン出張レポート('99.5.22〜24)(Update 5.25)

まあ極私的な事であり、自分以外には余り意味もないようなレポートではありますが、
HPの更新を3日お休みした訳だし、ダイアリーがコンセプトのHPだしですネ。
即席の出張レポートと行きましょうか。

サイパンなんてグアムと同様、超大衆的な「外国」で、3時間のフライトで着いちゃうので、
国内旅行とほとんど変わらないお気軽さです。老若男女、ゾロゾロ来てました。
若い恋人、新婚旅行も良し。オヤジのゴルフツアーも良し。「Holiday in Acapulco」ばりの
ツアーの老夫婦なんてもっと良い良い。
困るのは、耳ピアスに金髪染めの若いオトコ達だなァ。恥じは輸出しちゃいけません。

今回は、何の目的もありませ〜ん。マリンスポーツするでもナシ、ブランド物買うでもナシ。



到着日はドピーカンで、空は真っ青、モクモクと入道雲。ガーッと暑く、もうこれ以上の色は
出しようがない程のハイビスカスにブーゲンビリア。一気にヤル気がなくなります。
正に奥田民生的無気力ワールドに突入してしまったのでした。
23日(日)の朝は上のようにちょっと雲が多く、「誰もいない海」って感じのシーンも。

去年のグアムでは公開早々の「GODZILLA」を観てきて、このHPでもレポートしましたが、
今年は「スターウォーズ最新作」が観られるかも?という甘い期待で、まずは映画館へ!
タクシー飛ばしてやってきましたが、何これ?(下)
確かに現地誌に載っている「Movie House」ですが、上映しているのは1本だけ。
しかも4時と7時。新聞すらない(買えない)んだから情報不足がモロに出ました。失敗じゃ。



とりあえずは、作品チェックだけでも。
ほほう、キアヌ・リーブスの最新作じゃん。全米でもヒット上位に行ったばかりだから
結構新しいのを観られるんですね〜。でも、まあ、キアヌなら観なくても良かったかも??
翌週の「LIFE」はエディマーフィーのコメディみたいですね(良く知らない)。
スペシャルメイキャップ by リックベイカー ってポスターにあるから、またまた
「ナッティ・プロフェッサー」みたいな感じなのかなァ??
タクシー代を無駄にしたので、戻りは近くのホテルから無料の「免税店行きシャトル」で(笑)。



サイパンは確か10年位前に来て以来だけど、基本的には変わっていないですね〜。
とっても田舎的。いくら旅行客向けにディスコやカラオケバーを用意しても、
なんかね〜、垢抜けた感じじゃないんだな。
現地誌によると、日本や韓国の不況の影響で、観光客数激減で大変な事になっているとのこと。
そう言えば、「Pawn Shop(質屋)」が目立つような感じがした。でも前と同じでしょう、きっと。
ちょっとうらぶれた中に目立つのが、教会の立派な建物。この日も特別な行事をやっていました。



島内最大の歓楽街が「ガラパン地区」。夜はこんな感じ。この通りの奥がミニミニ新宿歌舞伎町。
今年の新しい傾向としては(?)、呼び込み屋サンの「バイアグラあるよ!」でした。
幸か不幸か(!)ワタクシメ、必要ございませんです。



現地滞在丸2日なんて、アッという間で、実際何もしなかった。文庫・新書2冊読んだ位ですワ。
24日(月)早朝、海辺に出てみると、まだ観光業者も出ていなくて、見えるのは地元民だけ。
のんびりと釣りを楽しんだり、腰まで海に浸かってる人は何を獲っているのでしょう?
こんな景色を観たかったのかもしれませんネ。はい、オシマイです。


(c) All photos by HIDE